鍼灸師の方へ

現在、国家資格を持った多くの鍼灸師が職がない時代だと言われています。

そして、小児はりも廃れて来て、大師のはり発祥の地である大阪でさえ、今ほとんどの方が知らない状態です。

当院では手の空いている鍼灸師さんに、一緒に小児はりの普及活動をしてほしいと願っています。

それも、鍼灸院で受ける小児はりではなくて、ご家庭でご両親から受けるコロコロ療法として。

 

それでは鍼灸院が繁盛しないのではないか?

そう思った方もおられるかもしれません。

 

長い目で考えてみてください。

 

ご家庭で小児はり(コロコロ)で育った子どもが大人になったとき、「お手当」で様々なことが改善した経験をしています。

もしも、大人になって身体に不調が現れたときに、まず手当で治そうとすると思うのです。

人の手も借りることも知っている子どもです。お近くの鍼灸院のドアと叩くと思うのです。

 

家庭でできるコロコロ療法ですが、これは鍼灸の復旧活動だと思っています。

 

これだけ多くの鍼灸師が今日本にはいるのには意味があります。

これから必要だからです!!

 

「気・血・水」の巡りをよくするコロコロ療法を普及させて、元気な日本人にしていきましょう!!

「昔の年寄は丈夫だった」とはもう言わせません。

年々、丈夫で元気な私たちになりましょう。

 

 

*鍼灸師の方は基礎編、応用編を受講いただかなくても、直接指導者編を受けていただくことができます。

まずはお気軽にメールでお問い合わせください。